Date
Breast Cancer Ribbon

全国のカップルの皆さん、京都和婚しませんか?

posted by:
admin

せっかく京都で結婚式をするなら、神社やお寺で白無垢を着て挙式したい!と思う方は多いのではないでしょうか。こちらのサイトは京都の結婚式場を探している方にちょうど良いです

最近では京都の由緒ある神社仏閣で挙式をし、料亭などで披露宴をするのが人気ですので、特にこれまで京都と縁がなかった方でも京都和婚を選ばれるケースが増えています。京都は言うまでもなく観光地としても有名ですので、お招きしたゲストの方々におふたりの門出を祝ってもらうとともに京都滞在を楽しんでもらうこともできます。

また、披露宴を京都らしい結婚式場や料亭、旅館などで行えば、より一層京都を味わってもらうことができますね。海外挙式よりもたくさんの方をお招きしやすいというメリットもあります。

上記サイトはワタベウェディングの京都和婚のページなのですが、ワタベウェディングはご存知のように全国展開しているウェディングサービスですので、全国どこにいても京都和婚の打ち合わせや準備ができます。神社仏閣での挙式というのは基本的に親族しか列席できませんので、これまでに参列したことがなくて実はよく知らないという新郎新婦さまもいらっしゃると思いますが、ワタベウェディングに任せればオールプロデュースしてもらえるので安心ですよ。まずは資料請求してみてくださいね。

hr

供花もネットで手配できます

posted by:
admin

供花・スタンド花|電報サービス・祝電・弔電のVERY CARD 法人専用供花は「くげ」「きょうか」などと読まれ、供華という字もあてられ「くうげ」ともいい、死者に供える花のことを指します。

仏教においては古くから花と深く関係していて、教典にも花を供える功徳が説かれており、仏への供養の第一とされていました。

葬儀の死者に花を手向けたり、先祖の墓に花を供えるのは、まさに「供花」そのものですが、ハナカゴから変化した花輪も供花になります。

供花や供物などは、親しい関係にある人などが贈り、供物や供花は宗教や宗派に合わせて贈るのが良いとされています。

本来なら、供物や供花、香典は同じ意味合いをもっており、供物や供花を贈る場合は香典は必要ないのですが、通常は、供物や供花を贈る場合でも香典も併せて贈るのが一般的になっているようです。

供花などを贈るときは、通夜当日の午前中までに届くように手配します。
簡単に手配したいと思うなら▲供花・スタンド花|電報サービス・祝電・弔電のVERY CARD 法人専用→こちらのHP▼に依頼すると便利です。

インターネットカタログを参考にして注文することができ、供花の種類もスタンド花、籠花があり、関係の浅深によって選ぶことができます。

VERY CARDに頼むメリットは、全国全てのご葬儀会館に届けてもらえることです。

また、VERY CARDで、斎場宛に種類、場所、設置時間などの確認を行うため、依頼する側の手間が省けることも大きなメリットです。

hr

ムダのない葬儀を行う方法

posted by:
admin

以前から葬儀にかかる費用の不透明さは話題に上がっていました。
葬儀費用を貯めないことには、安心して死ぬこともできないなんて可笑しな話しです。

葬儀は、葬式や葬礼ともいい、死者の死を悼むとともに死体を葬る儀式で、死というものを契機として生ずる社会的儀礼の総体でもあります。

葬儀の仕方は、国より文化によって異なり、土葬、水葬、火葬、風葬、鳥葬など、多種多様な方法があります。

中でも、エジプトのミイラは誰でもが知っていることですね。

死に際しては負の感情を抱くことが当たり前のことで、日本でも葬送儀礼においてはさまざまな習俗が発生しました。

通常、遺体には経帷子《きょうかたびら》を左前にして着せ、北枕といって、頭を北、足を南方向に寝かせ、今は滅多に見ないですが、その枕元に屏風を上下逆にして立てるという風習もあるようです。

戸籍法においては、死亡した日から一週間以内に医師の診断書を添えて死亡届を提出することが定められています。

死亡届書は、医師の立会いのない死の場合、医師に死亡と死因を確かめてもらわなければならない定めがあり、病院などで死亡の場合は、医師が最期を確かめますが、家でなくなった場合は、医師に検案して貰うことが必要です。http://www.memorial-center.com/

詳しいことは、▲神奈川県内全域・東京都内の葬式 葬儀 家族葬の葬儀メモリアルセンター神奈川で葬儀▼が参考になります。

hr

お葬式の花にも決まりがある

posted by:
admin

お葬式の時に飾るお花を供花といいます。この供花なのですが、用意しますのは葬儀を行なう開催者だけではありません。亡くなられた方と親しい関係にあった友人なども礼儀作法のひとつとして香典と同じく用意する場合もあります。供花は会場を華やかにするという意味で飾っているのではなく、亡くなられた方の魂を弔って送るという役割が多いです。そのため葬儀側の宗派によっては、使っていけない花などがありましてややこしいものなのです。

供花なのですが、遺族側は葬儀屋にお葬式を依頼することでオプションでついてくる事が多く、選ぶのには悩む事は少ないかと思います。つまり供花は、葬儀に駆けつける側が選ぶ際に迷う事になるかと思います。花屋さんなどで花を注文するという方法もあるのですが、葬儀用の供花となりますと大量の数が必要になりますし、またお花の鮮度も葬儀では重要です。しおれているような花が供花ならば、弔われている魂も良い気分にはならないかと思いますね。

供花を贈るときは、やはり贈る側も葬儀業者に連絡を取ってみる必要があるかと思います。どの宗派の弔いを行なうかも分かりますので、使ってはいけないような花を贈るという失敗も防ぐ事ができるかと思います。

hr